韓国映画「私は王である」主演チュ・ジフン

いやぁ、面白かった~~!!

瓜二つの、世子と奴婢

入れ替わりやら、世の中を知って会心するなんてのは定番だけど、

それでも惹きつけられたのは、チュ・ジフン氏の技でしょうか?

画像





韓国で最も有名な王、世宗大王の史実に想像上のストーリーを融合し、大王の王子としての若き日々を描くコメディー・ドラマ。夢にも見なかった突然の王位継承に反発し、宮殿から逃避行する王子を演じるのは、『キッチン ~3人のレシピ~』などで日本でも人気のチュ・ジフン。『先生、キム・ボンドゥ』『ラブリー・ライバル』のチャン・ギュソンがメガホンを取る。初のコメディーで、王子と貧乏な青年の二役をこなしたチュ・ジフンの魅力に引き込まれる。


1418年の李氏朝鮮。国王の長男・譲寧が問題児だったため、国王の太宗が王位継承者に任命したのは三男の忠寧(チュ・ジフン)だった。読書ばかりして、何をするにも他者の協力を必要とする頼りない王子の忠寧は、国王になりたくないと反発し、宮殿から逃げ出してしまう。偶然出会った忠寧そっくりの男ドクチル(チュ・ジフン)と服を取り替え、街の中へ。一方、ドクチルは宮殿に連れていかれ……。
シネマトゥデイ(外部リンク)




画像


           食事の時も本を離さず、食べさせてもらう忠寧
           お尻拭き係りまでいるとは・・・
           王族ってすごいのね。

画像


            豪華な食事から一変、木の幹までもかじる忠寧






余談ですが・・

徳川家光も3代目・・・

3代目がしっかりすると基盤ができて長続きするのかな~~

なんてこと思ってみました。



ぜひ、みてくださいね!













            

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)