アラン使道伝

イ・ジュンギ除隊後のドラマは時代劇でした。
画像



現世をさまよう幽霊アラン(シン・ミナ)はあの世に行かず、自分が誰なのか知りたがっている。あの世の使者ムヨン(ハン・ジョンス)に追われながらも、アランは自分が誰なのか見つけられるように助けてくれる人をずっと探しまわる。一方、幽霊が見えるウノ(イ・ジュンギ)はアランが見えていながらも、知らんふりをする。アランはウノが、自分が使道になれば恨みを晴らしてやるという約束をすると、計画を立ててウノを使道の座につかせようとするが…。

一方ウノは突然行方不明になった母を捜して旅をしているところだが、幽霊が見えるということは彼には邪魔でしかなく、そのために彼に頼みごとをする幽霊たちには近づかないようにしてきたが、アランが持っていた簪は彼がいなくなる直前に母に渡したものだった。しかし、アランはどうしてその簪を持っているのか記憶もなく、仕方なく彼女に協力してアランの生前の姿を捜すことにしていく。それは母の行方にも続くものだったから・・・

しかし、探し当てた母の姿、真実は・・・・



本格的時代劇というよりは、フュージョンとでもいいましょうか?
天界と地獄、天女に死神、幽霊と人間の恋?

そういう話だったのね~~ってドラマでした。

結構面白かった~~です。


画像



          切れ長の彼の目には時代劇が似合います。
          回を重ねるごとに、少しほっそりしてきたし(笑)

          キュッと巻いたヘアバンドみたいなもの・・
          痛くないのかな・・・
          頭痛くなりそう・・


画像



          いつも不思議ちゃんキャラのシン・ミナ
          アランでもそんな感じ・・・

          韓服って、スカートじゃなくて中はズボンだから、
          走れるのよねぇ~~着物じゃ出来ない。
          そこら辺、日本のが男尊女卑が強かったのかなぁ
          などと、思ったりもする。

          可愛い時と思い切りブサイ時、髪は下ろしたほうがいいね。


画像


          玉皇上帝(オッカンサンヂェ)演じるユ・スンホ
          天界でのんびりと花と羊の世話をする。
          
          おじいさんの風貌の閻魔と対照的!

画像


          何とか姿かたちを交換しようとする閻魔
          二人の掛け合いは、面白いです。

          姿は老若でも立場は同じですから、タメ語です。




          ようような場面で姿を変えウノを助ける玉皇上帝
          それも彼の計画の一部なのかも・・


画像


         

画像



           襲ってくる悪霊と闘う術を教える師匠

           チョン・ボソク(結構すきなんです。)



 
このドラマ、色んなところでゲストが出てくるような気が・・



お楽しみに!

























          


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年01月21日 23:34
昨晩見終わりました。
不思議なドラマでしたね(笑)
記事を書こうかと思ったら、チャンミさんの方が一足先に
私、このドラマを見て、幽霊が沢山出てくる夢を2回ほど変な夢を見ました。
後味が悪いドラマじゃないけど、不思議なドラマに理解に苦しんだのかな(爆)
チャンミ
2013年01月29日 22:52
ヒョコタンさん、こんばんは!

そう、不思議なドラマでしたね。
もうちょっとオドロオドロしそうなところを主人公二人の爽やかさで乗り切ったってとこかしら。
幽霊の夢なんて・・・ちょっと怖いですね。
幽霊君たちはみんな青白い顔で、死神も白塗り!
マンガチックでした~~!!

悪霊になっちゃったオンマがもっと違う人だったらよかった!って思います。
なんだか品のない方で・・・
(「私の心が聞こえる?」っでナムグンミンの生みの母だったけど、悪人でした~あとで改心したけど・・)