済州島旅行 最終回(笑)

  1日歩け歩けの観光で疲れ果て、おなかも満腹で眠くなり

  そんな時間に、全身エステ(アカスリ)をガイドさんに薦められ

  全員一致で行くことになりました。

  (残念ながら写真は撮れませんでした。だって、裸ですから)

  
  アカスリタオルとか持ってますがイマイチ上手に取れません。

  日本人はアカスリの習慣がないので、い~~~っぱい出るらしい。

  ほとんどの人が初体験(顔だけの人や、記憶にないくらい昔やった人)

  みんなワクワクやってきました。


  案内されたのはビルの3階

  何だかゴージャスなカーテンをくぐると応接間のようなところがあり、

  入る早々、

  「はい、こっちに来て、メイク落としてこれに着替えてください」

  「あ、パンツもなしね!」

  ガウンのような服に着替え、一同応接セットに座らされ、

  これから、すること!

  また、特別注文できることなども軽く20分くらい説明され、

  (糸による顔そりと、小顔パックだったかな・・誰もやらんかったけど)

  4人と6人の二つのグループに分けられ、開始!!




    1、よもぎ蒸し

       小学生が使うような小さい木の椅子の真ん中あたりがくり抜かれ
     
       その上に、体育座りをするように指示され、

       (おでぶなあたしにこの体勢はきつい、腹と腿が・・)

       頭だけ出るようなバルーン形のマントをかぶせられ、

       時代劇でよく見るような土瓶で、よもぎを蒸し

       次々に椅子の下から差し込みます。

       つまり、あそこから蒸気を送るという形ですね。

       これが、実に熱い!

       やけどするんじゃないかと思ったほど、

       「マントを中からふわふわして熱を逃がしてもいいよ」  

       って言われ、ふわふわすると

       「おねぇさんたち!そんなにあげちゃダメ!」

       叱られました。

       時間にして10分くらいかな・・・・熱かった・・・



    2、アカスリ

       次なるお部屋に案内されると、銭湯の様な入り口

       入り口でガウンを剥ぎ取られ、スッポンッポン

       タオル一枚を渡され、診察台のようなベッドに寝転びます

       あそこだけを隠しあられもなく寝転がる私たち

       やってくださるのは、ビキニもパツパツの立派なアジュマ

       (あたしの人が一番大きかった・・・力ありそう・・)


       まず、顔をクルクルっとマッサージするときゅうりを乗せ

       顔全体をくるっとタオルで巻いちゃいました。

       まったく、何も見えません。

       そして、おもむろにアカスリ開始です!

       時々お湯をバシャバシャかけながら

       シュッシュ、シュッシュ、シュッシュ

       リズミカルに、順番に上から下へ

       前から後へ、「アオムケデス」「ウツブセデス」

       余計なこと一切話さず、シュッシュ、シュッシュ!

       職人です!

       途中で私の手を持って、おなかの辺りを触らせます。

       手に触れるアカ!!すごいです!

       「すご~~」

       手足の指先、脇、胸、太ももの付け根まで、

       ありとあらゆるところを丹念に磨いていただきました。

       仕上げは海草パックと、牛乳パック

       そして髪も洗っていただきました。

       顔に塗った杏クリームがいい匂いでした。

       最後はタオルで水分も拭いてくださりお姫様気分

       本当に、ツルツルお肌になりました。



    3、足のマッサージ

       お風呂上りのような、ホカホカした気持ちよさの仕上げは

       足のマッサージ

       ベットに横になり、ブーツのようなマッサージの機械に足を

       いれて、20分程

       膨らんだり、縮んだり、指先までも順々に折れ

       1日歩き回った足にはと~~っても快感

       静かな音楽と共に眠りに誘います。


   「今日はこのままホテルに帰って、顔も洗わずに寝ていいです。」

   はい、そうしました。






   そして最終日

   

   この日の朝食はついてないので、

   ガイドさんの紹介してくれた、「ヨン様も絶賛したあわび粥の店」で

   あわび粥を頂きました。

   
画像



   美味しかった~~とは言ったものの、あまり記憶に残らない味

   海くさいうにスープのほうが強烈だったから・・



   最終日飛行機は13時30分発

   もう4時には家についてるかしら(早早早!!!)

   済州島はこれしかないようです。



   空港に向かう途中にトケビ道路(おばけ道路)に立ち寄ります。

   実際は下り坂なのに、上り坂に見えるという道だそうです。

   日本にもあるそうですね。

   バスに乗ったままエンジンを切って、上り坂を下って見せてくれたり、

   ボールの水を流したり、説明してくれました。



   でも、私たちの目に留まったのは

画像



    トッポッキのタレに絡んだオデン

    隣の蒸しパン(よもぎ,酒蒸し)

    みんなで、分け合って食べました。

    ガイドのおねぇさんが

    「皆さん、朝食頂いたんじゃないですか~」

    って言ってましたが・・・別腹です。

    キンパpがあったら食べたかったなぁ~~



    最後はお約束の韓国食材店

    
    短時間でいっぱい買って欲しい気持ちはわかるけど、

    付いて歩いて欲しくない・・・・

    



    旅は終わって帰国の途に

    韓ドラに嵌ってない人半分と、純粋な韓国観光旅行

    これもまた、楽しいね。

    本土にも美しいところはいっぱいあるんだろうし・・

    
    次の旅行は2年後
  
    また、韓国行きたいね・・・って思ってくれたカナ




    
画像












   

   





       





       

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2012年11月20日 01:07
笑わせてもらいました。
私は全身エステに行ったことないんだけど、行った従兄嫁の話を聞いてひるみました(笑)
全くチャンミさんの記事通り。
私、絶対に行かな~い(爆)

このあわび粥、日本人には味が強すぎますよね。
私も美味しいという記憶より、やっと食べた思い出が・・・(^_^;)

観光地が少ない済州島での旅、それなりに満喫したようでお疲れ様でした。
チャンミ
2012年11月24日 22:31
ヒョコタンさんは、未体験でしたか?
もう、スッポンポンで、マグロ状態(笑)

おしゃれなとこではありませんでしたが、結構親切でしたよ。
みんなですれば怖くない!(笑)

済州島は、あと半分観光地が残ってますが、
次の機会があるかしら??

ソウルの雑踏が懐かしい旅でした。