イングロリアスバスターズ

画像




クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットがタッグを組んだ最強のアクション大作。ナチス占領下のフランスを舞台に、それぞれに事情を抱えたクセのある登場人物たちの暴走をユーモアたっぷりに描く。メラニー・ロランやクリストフ・ヴァルツ、ダイアン・クルーガーなど各国を代表する俳優たちがこれまでにない役柄を喜々として演じている。歴史的事実を基に作り上げられた、奇想天外なストーリー展開は拍手喝采(かっさい)の快作!
シネマトゥデイ


あらすじ: 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。



イングロリアスバスターズ

見てきました

お目当ては、この方

画像



戦争映画というには、戦闘シーンもなく、
あちこち、笑いを誘うシーンもあったりで、

面白かったです。


戦闘シーンはないにしても、殺戮の場面はリアルだし、

頭の皮を剥ぐなんてグロテスクなとこもありますが、


全編、なにかしら笑いを誘い

徹底的にドイツ軍をコケにして、

最後の最後まで、笑いで終わる。

なぜ、ブラビでなければいけなかったのか?

ここが疑問だけど、

まじめに、まじめに廻りが演じてるほど、

力の抜けた彼が面白い!

画像


               ドイツの映画女優だが、連合国のスパイ

画像


               ユダヤハンターと呼ばれる冷徹なナチSS
               私利私欲にはしり、滅亡をまねく。









興味のある方は・・・・・いないか?(笑)












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱんずう
2009年12月01日 02:10
興味のある方は…居ます!初日に観てきました
戦闘シーンはないと聞いてたのにあんなにグロいとは…^^;
しかし!ブラピはやっぱりブラピですな!
って感想になってませんが、面白かったです。
最近のブラピはかっこいい自分に飽きてるん?
あの顎鬚…ぼーぼー過ぎだろ
チャンミ
2009年12月01日 23:25
おぉ、ぱんずうさん、初日ですか!熱いですねぇ
ほんと!グロかったです~~これでもか!ってぐらい!
うん、ブラビはブラビです!
あんな役を嬉々としてやってるとこなんて・・好き!
「卍」マークにわらったのは、私だけじゃないですよね。