北海道はでっかいど~~~~!其の2

2日目

北海道のホテルは暑い!
布団もなく、ごろんとしてても、十分寝られる・・・

朝、みんなでバイキング朝食!
ワイワイ、ガヤガヤ

「よく寝れた?」
「う~~ん、あんまり」
「あたしも」
「2時間くらいかなぁ」
「あたしも、3時くらいに目が覚めちゃった」
「この子は寝てたけどね」
 
あ、あたし??

そうよ!あたしはよく寝るの!悪い!

はっ!

今日もくじ引き部屋割りだった!
おもも・・・寝られん子と当たると困るじゃん!

「あたし2番、2番だれ~~~?」
「あ、あたし~~」

まっず~~~い!
一番寝られん子だ!

「いやぁ・・・なんか、悪いかな・・・」
「今日はさすがに疲れて寝るから大丈夫だって!」
「そう?よろしくね。」

やれやれ・・・・・

本日の最初の行き先は「京極吹き出し公園」

山から清水が出て、飲めるそうです。
甘くて美味しい水

画像


画像



もっと、チロチロ出てるのかと思いきや
ドドドドっと・・・・

冷たくて美味しい水でした。
この水で作った「コーヒーゼリー」が美味しいとのことなので、
買ってみました。

美味しかったです!

次なる目的地は「積丹半島」

えんえん、2時間海岸線を走り、長いトンネルをいくつも抜けて
バスは走ります。

画像


画像


         バスの中からなので、青みがかかってます。
         実際の海もコバルトブルー
         綺麗です
         でも、岩場が多い!

ガイドさんによると

昔神様が、男の神と女の神に北海道の海岸を作らせたそうです。
一緒に始めたのに、女の神は途中でお友達に会って
おしゃべりに夢中!
その間にすっかり工事を終わらせた男の神
あわてた女の神が、大急ぎで作った海岸なので凸凹してるそう・・・

チングとおしゃべりって・・・
私たちじゃあるまいし・・・

今日のお昼は「ウニ・アワビ丼」

が・・

ウニを食べたことのない私はお刺身定食に・・・
豪華さに掛けたね!
お昼はついてない!

このあと、神威岬に向います。

余談ですが・・・
カムイ外伝ってここからきたのかなぁ・・・って思った。
知らないよね?


画像


            先っちょにあるのが神威岩
            モアイ像のよう
            ここまで行くにはさらに岸壁を30分歩くらしい・・・
            無理・・・・
            風は強いし、雨は降ったり止んだり
            絶景にふさわしい天気でした。

神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹郡積丹町大字神威岬にある岬。積丹半島北西部から日本海に突き出している。ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属している。

岬の付け根にある駐車場から先端部までは尾根沿いに整備された遊歩道(強風時は立入禁止)で徒歩20~30分ほど。先端部は岩山がそのまま海へ落ち込んでいくような状態になっており、沖には岬の延長ともいうべき岩礁神威岩がある。

神威(カムイ)とはアイヌ語で「神」を意味する。古くは御冠岬・オカムイ岬(ともに「おかむいみさき」と読む)とも呼ばれた。この付近は古くから海上交通の難所として知られており、神罰を恐れて安政3年(1856年)までは女人禁制の地であった。それに関しては源義経に関する伝説が残っており、義経を慕って身を投げた日高の首長の娘チャレンカの嫉妬心が、女を乗せた船を転覆させたことから、岬一帯が女人禁制となった。チヤレンカはやがて岩と化して神威岩となったと言い伝えられている。また、日露戦争時にはロシア艦隊の来寇に備えて監視所が設けられていた。

貴重な動植物の宝庫ともなっており、夏にはエゾカンゾウが咲き乱れ、冬期にはオオワシやオジロワシも見られる。


画像


次に向うのは「島武意海岸」
う~~~ん。また海岸!

ここはメルヘン海岸と呼ばれてるらしい

海の色がとにかく綺麗

画像


島武意海岸
透明度が高く「日本の渚百選」にも選ばれた神秘的な美しさをたた
えた海岸です。透明度の高い海からは岩盤がのぞき、ビョウブ岩の
ある入り江に波が寄せるさまをいつまでも見ていたくなります。
初夏には断崖が、積丹の町花・エゾカンゾウで彩られます。

島武意海岸トンネル
二人が並んで歩けるぐらいの幅のこのトンネルは、島武意海岸を望む
おすすめビューポイントへの入り口。暗いトンネルを抜けると、明る
いシャコタンブルーの海が目に飛び込んできて、絶景が一気に広がり
ます。


     このトンネル・・・・恐いです・・・
     なんせ中が明かり一つなく真っ暗
     ちょっと角度が付いてて、向こうの明かりが見えません。
     みんなで手をつなぎましたが・・・
     それすら・・・・・こわい!

     ホラー気分でした。
     
     苦手だって・・・


長々続いた海岸を離れ内陸部にやってきました。

ニッカウィスキー工場を見学します

ひろ~~い土地に点在するメルヘンチックな建物
まるでヨーロッパのよう(行ったことないけど)

綺麗なお姉さんガイド付きで回っていきます。

写真撮影は禁止らしい・・が・・撮った後だった。

画像


画像


画像



試飲コーナーが最後にありましたが・・・
飲めない私はりんごジュースを・・

17年もののウィスキーを飲んで
「おいしい!」

私にはただのアルコールだ~~~



夕食は小樽でとることに・・・

ここで、また、海の幸丼

画像


雨も本格的に降ってきて、
冷えた海鮮丼は・・・・・

ブーでした。

食事後は各自夜の小樽を散策してホテルまで帰ることに・・

でも、雨なのよね・・・

運河のライトアップも心なしか薄暗く
平日(月曜)の雨の夜には観光客も少なく
閉まってる店も多かった。

とりあえず、明日は回れないだろう通りを歩いてみた。
集合を決めたにもかかわらず、
みんなでゾロゾロと・・・・

ガラスとかオルゴールとか・・・
乙女チックなものがいっぱい!

可愛いガラスのサンタ、天使、ウサギちゃん
オ~~みんなお持ち帰りしたい!!

が、ぐっと我慢!
 
ウリコンジュニムにオルゴールを買いました
曲はもちろん

「あんぱんマン」

ばぁちゃんの愛がわかるかしら


さすがに北海道で雨の夜は寒い!

ホテルに退散します

今日のホテルは

「ヒルトン小樽」

玄関入っていったら、お~~~~~~~!!!

田舎者の集まりです。

心なしか、ボーイさんたちがクスクスと・・・

ここの隣にはショッピングセンターが付いてて「イオン」でした!

朝ごはんは付かないので、パンかおにぎりを買い求めにまたみんなでゾロゾロ

食後のコーヒーを飲んでやっと部屋に戻りました。

画像


いや~~旅って、疲れるわ~~

今日もよく寝れそうです!





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月06日 22:36
あらほんと・・。小樽の写真がないじゃん。
さみちぃー
そーね、自分で見るしかないわね。
しかーし、北海道行く金額であんなとこ
こんなとこって考えてしまうからなぁああ。
海岸の荒波!思わずこぶし回る演歌が聞こえて
きそう(爆)
お子ちゃんたちとは全然ルートが違って
大人な旅だわ。北海道はでっかいね
チャンミ(●^o^●)
2008年11月07日 00:03
えへへ、写真はないです。
すんまそん。
検索記事でも載せましょうか?
私たちのは格安ツアー49000円です。
普通なら7,8万はいくでしょうね・・・
そうそう、あんなとこやこんなとこ・・
あたしも渋ったわ。韓国行けるって(爆)
演歌?「津軽海峡冬景色」&「舟歌」
マイク貸しましょうか?
そうか、大人の旅だから、修行なのね(笑)
りかヒョン
2008年11月07日 00:45
楽しそうな旅行でよかったですね!!
いいないいな~北海道~~~
ニッカウィスキーのステンドグラスが「ニッカ」だわ
そして、やっぱり北海道は食べ物よね~
すごいおいしそう~~~

だけど・・・
「京極吹き出し公園」
で、あの怪しい風体の「京極夏彦さん」が
プッ・・・っと吹いてるところが真っ先に思い浮かんだのって
きっと私だけだよね・・・(-_-;)
ももちゃん
2008年11月07日 10:30
あいにくのお天気で残念でしたね 海岸はとっても荒々しいですね。
ニッカ 懐かしいです 私も頂きましたが よく分りませんでした。
うに丼食べたいよう。小樽で初めてビール飲んだよもう時効ですが。
よく眠れましたか お友達
2008年11月13日 22:51
りかヒョン!さすがの突っ込み!
京極夏彦さんは出てこなかった~~!
森でも、北海道ってうっそうとしてないから、おばけのイメージがわかない。
海鮮物なら炉辺焼きが食べたかったっす!

チャンミ(^・^)
2008年11月13日 22:55
ももちゃんは、飲める!方ですか?
私はさっぱりなんで、酒に話にはついていけません。
飲み会とか、宴会は好きなんですけどね!

ウニは初めて口にしてみました。
甘くて美味しかったです。
でも、北海道のウニを初めて食べたら地元でなんか食べられないかしら(笑)
私は、よく寝ました!(爆)